無駄にしない!普段から飲みたい脂肪燃焼成分3選

L-カルニチンで脂肪酸を利用

運動をして痩せようとしている人はできるだけ運動を無駄にしたくないと考えますよね。消費したエネルギーをできるだけ脂肪燃焼につなげたいと考えるはずです。そのときに重要になるのが脂肪を分解してできる脂肪酸をエネルギーに変えることであり、細胞の中にあるミトコンドリアまで脂肪酸を運ばなければなりません。その役割を果たすのがL-カルニチンであり、サプリ成分として脂肪燃焼を促すために普段から飲んでおきたいものの一つです。

コエンザイムQ10でエネルギー産生を促進

脂肪をエネルギーとして使用するためには脂肪酸をミトコンドリアまで届けることが重要ですが、そこでエネルギーを作り出せなければ意味がありません。その際に重要な役割をはたすのがコエンザイムQ10です。脂肪酸からエネルギーを生み出す代謝過程で欠かせないのが還元型のコエンザイムQ10であり、脂肪をエネルギーとして使うほど消費されていってしまいます。不足してしまわないように普段から摂取するようにすると効果的です。

ビタミンB群の補給で確実に使用

コエンザイムQ10も脂肪をエネルギーとして利用するのに重要ですが、それと同じくらい大切になるのがビタミンB群です。特にビタミンB群の中でもビタミンB1とビタミンB2は直接的にエネルギー産生に関わる補酵素となるため、不足してしまうとエネルギー産生が滞ってしまうことになります。必須栄養素であるのはそれが理由であり、特に運動をしているときには多めに摂取するようにしましょう。サプリを使って補充をすれば不足の心配はありません。

ダイエットはなかなか続かない人も多いと思いますが、ダイエットのサプリを使うと適度な運動は必要ですが簡単にダイエットする事が出来ます。